仕事で本格的に英語を使うなら730点を目指す

本格的に英語でのコミュニケーションが必要ならTOEIC®730点を目指しましょう。話す分野が限定されるビジネスの現場では、英語力がそれほど高くなくても通用しますが、コミュニケーションを円滑に進めるために、商社など本格的に英語を使う企業では700点を基準とするケースが増えています。最近では新卒向け会社説明会の参加登録に730点以上のスコアを求める企業も出てきており、今後は730点を習得しTOEIC®レベルBの英語力を習得することがスタンダードとなるでしょう。

現状、TOEIC®600点前後の社員たちは基礎力は持っています。あとはTOEIC®テストの特徴や解法に合わせたトレーニングをすれば730点前後には比較的スムーズに到達可能です。もちろん、学習をするうえではビジネス分野の表現に慣れるため、必ずリピートするなど自ら声に出して練習を重ねることも重要です。

重要なのは「スコア+ビジネス実践力」

近い将来、英語を必要とする業務は一層広がります。TOEIC®スコアだけでなく実践的ビジネス英語力が求められるのは間違いありません。テスト対策に頼ってきた社員は、また一から実践力を高めなくてはならず、非効率的な投資となってしまいます。TOEIC®研修を検討する上ではスコアと実践力のバランスを考えることも重要です。

  • TOEIC®で高得点を持っていても現実の業務で即使えるような実践力が身に付いているわけではない。
  • TOEIC®学習によってビジネス英語の基礎力を客観的指標のもと高めることができる。
  • TOEIC®学習に加えてアウトプット練習・実践をすることで、発信力を伴う実践力が磨かれる。
TOEIC®研修は短期勝負が基本。現状、600点前後の社員なら3か月程度で730点を十分狙えます。学習期間が長くなるほどモチベーションの継続が難しく途中でだれてしまいます。業務をおこなううえで、英語力はひとつのツールに過ぎません。社員の貴重な時間を費やすべき重要スキルは他にも沢山あるはずです。ノウハウを凝縮した効果的な研修を実施し、時間帯効果の高いTOEIC®研修を取り入れることが求められます。
主体性やモチベーションの継続には「体験」を加えることが効果的です。TOEIC®の学習を通じて得た英語力によって、実際のビジネスシーンでやり取りできるという「成功体験」を挟み込むのです。実体験(実践)での成功は学習を続ける動機になり、たとえ失敗しても課題が明確になったという気づきが生まれます。自分ひとりの学習になりがちなTOEIC®学習に外国人とつながるコミュニケーションの機会を加えることで、社員のモチベーションや主体性は大きく高まります。
スコア730点前後になると基礎力は十分ありますが、スピーキングにつながらず、TOEIC®学習に疑問を感じる社員も多いものです。その理由は簡単で「考えて」いるからです。英語を使って話す機会が少ないために、考えなくてもきちんとした英語がパッと出てくる状態になっていないのです。そのスキルを身につけるには「練習」することです。社内で気軽に英語を話す練習ができる場をつくり、実践的なバランスの良い英語力が身に付く環境を整えましょう。