昇格要件としても多い600点台を確保する

ビジネスパーソンが生き残るボーダーラインと言えるのが600点です。弊社がお付き合いしている企業でも、TOEICスコア600点を昇進・昇給の基準とするケースが増えています。大卒新入社員の平均点は450点前後と言われており、企業に勤める多くのビジネスパーソンはこの点数を基準として、その後、どれだけ英語に触れてきたかにより、現状のスコアに落ち着いているようです。企業のニーズとしては現状450点前後の社員を、短期間で500点、そして600点まで獲得させたいというご要望が増えています。基本的には3ヶ月間で100点アップ、600点を目指すプログラムとなります。

【スコア+α】実践力につながる基礎英語力をつける

スコアはひとつの「指標」であり、その目的は「仕事で役立つ英語力」を習得することです。そこへ向かって英語力を高めるうえで、スケジュール通り、適切に上達しているかを客観的に把握するため、スコアという数値で管理するわけです。600点を目指すに当たってはその点を再確認したうえで、インプットだけでなくアウトプットを重視したトレーニングを実施するのが効果的です。600点前後のレベルになると英語力の土台がつくられます。その土台をもとにスピーキングを含む発信力のバランスを高めていくフェイズに入ります。スコア自体を目的とせずに、その先の実践力につながる基礎力構築としての600点確保を目指しましょう。

  • 実践力向上を見据えて600点を目指す
  • 指標としてのスコアを意識し、目的を明確にする
  • アウトプット重視のトレーニング割合を増やす
単なるスコアアップではなく、「正しい方法」で実力をのばし、結果、スコア600を達成できるトレーニングを実施しています。もちろん受験テクニックによりスコアをのばすことも可能ですが、その癖がついてしまうと後が大変。点数は高くても話せない、使えない、という状態に陥ります。600点台を目指すにあたっては正しいアプローチを採用しましょう。テクニックばかりに走らずとも実力はスコアに反映されます。
TOEIC®研修は短期勝負が基本。それは600点を目指す場合も変わりません。現状、400点後半から500点前後の社員なら3か月程度で600点を狙えます。学習期間が長くなるほどモチベーションの継続が難しく途中でだれてしまいます。業務をおこなううえで、英語力はひとつのツールに過ぎません。社員の貴重な時間を費やすべき重要スキルは他にも沢山あるはずです。ノウハウを凝縮した効果的な研修を実施し、時間帯効果の高いTOEIC®研修を取り入れることが求められます。
英語を教えるだけでなく、社員の主体性やモチベーションを高められるのが一流の講師です。そしてなにより、受講者に「仕事に役立てられる真の実力」を習得させたいと願う真摯な気持ちを持ち合わせています。点数は上がっても英語に自信が持てない人が増えています。このままの研修で良いのだろうかと考える研修担当者も増えています。ぜひスコアはスコアで効果測定の指標としつつ、その先の実践を見据えた真の実力を高めていきましょう。

グローバルブルーのTOEIC研修が人気の理由

  • スコアが上がるのはもちろん、社員が英語を好きになれる。
  • 実績豊富な一流講師が担当するので内容が分かりやすい。
  • 適正な納得価格なので費用対効果の高い研修を実施できる。
  • 研修前から研修中はもちろん、研修後の学習継続ノウハウを学べる
  • 書籍連動企画や部活アプローチでストレスなく学習ができる
  • 弊社スタッフの迅速で柔軟な対応によりストレスなく研修ができる
  • TOEICのスピーキングテストへつなげることもできる

短期間でTOEICスコア600を獲得しましょう。

TOEICのセクションは、リスニングとリーディングに分かれており、比較的短期間でスコア600を目指すのならリスニング力を高めることが重要です。例えば、リスニングセクションで380点を確保し、リーディングセクションにて220点を確保すれば、合計600点となります。テスト全体では200問中、およそ135問に正解すると600点となります。

普通のビジネスパーソンが業務の合間を縫って学習し、順調にスコアを上げるためには、効果的な学習法や効率的な問題の解き方を知ることが重要です。限りある時間を有効に使うためにも、単なるテクニックではなく、その先の実践を見据えたTOEIC®研修プログラムを積極的に選ぶ企業が増えています。

お問合せはこちら

失敗しない英語研修をお探しの皆さま、お気軽にお問合せください。

現在、ご満足頂いている多くのお客様が、比較検討のため最初のお問い合わせをされています。

お問合せはこちら