まずは最低条件500点をクリアする

グローバル化により企業の英語力向上ニーズが年々高まっています。社員の英語力を客観的・定量的に測るツールとしてTOEIC®テストを利用する企業が依然として多く、入社試験や昇進・昇格の条件に掲げる企業も増えています。それと同時に英語をやり直す社員も増えており、最初の目標スコアとして500点を目指す研修への需要も高まっています。
まずは最低条件となる500点を短期間で獲得しましょう。正しいやり方で取り組めさえすれば、500点の壁は高くありません。どうぞ安心して私たちにお任せください。

苦手な英語を好きになるマインドチェンジが重要

現状、300点~400点台の社員は、長い間英語から離れていたケースが多く、基礎レベルの語彙や文法ができていません。文法問題やリスニングのトレーニングをしたことがなく、TOEIC®に出てくるようなビジネス分野の英語を学んだ機会も少ないと予想されます。そんな初級だからこそ、今度こそ苦手意識を持たないように、学生時代とは異なるアプローチが必要です。勉強としての英語ではなく、ビジネスツールとしての英語を目指すマインドチェンジが重要となります。

  • TOEIC®学習により基礎力、特に語彙・文法・リスニング力を強化
  • 基礎レベルの学習範囲は広いので、わかりやすい丁寧な学習が必要。
  • TOEIC®スコアの上昇により苦手意識を捨て、自信が持てる。
現状、TOEIC®スコア300~400点台の社員は少なからず英語に対する苦手意識を抱えているものです。学生時代のイメージから脱却し、新しい関係を再構築することがその後の英語力向上につながります。やり直しの時期だからこそ、通過点としてのTOEIC®スコアという認識を再確認し、その先にある「自分はなぜ英語をやるのか」「自分は何をしたいのか」という動機をはっきりさせることが大切です。学生時代の受験英語的発想を捨て、ビジネスツールとして実際に使う便利な道具としての英語を学び直しましょう。
TOEIC®研修は短期勝負が基本。現状、300点後半から400点前後の社員なら3か月程度で500点を十分狙えます。学習期間が長くなるほどモチベーションの継続が難しく途中でだれてしまいます。業務をおこなううえで、英語力はひとつのツールに過ぎません。社員の貴重な時間を費やすべき重要スキルは他にも沢山あるはずです。ノウハウを凝縮した効果的な研修を実施し、時間帯効果の高いTOEIC®研修を取り入れることが求められます。
英語を教えるだけでなく、社員の主体性やモチベーションを高められるのが一流の講師です。特に、現状300点~400点台の社員の多くは英語に対する必要性や重要性が腹に落ちていないケースがほとんどです。もしくは理解はしていても苦手意識を持っており「どうしたらいいか分からない」ことも少なくありません。そんな初級者に向けたトレーニングこそ、受講者の気持ちの分かる経験豊富な講師が欠かせません。真のプロフェッショナル講師は受講者の味方でいるものです。

グローバルブルーのTOEIC研修が人気の理由

  • スコアが上がるのはもちろん、社員が英語を好きになれる。
  • 実績豊富な一流講師が担当するので内容が分かりやすい。
  • 適正な納得価格なので費用対効果の高い研修を実施できる。
  • 研修前から研修中はもちろん、研修後の学習継続ノウハウを学べる
  • 書籍連動企画や部活アプローチでストレスなく学習ができる
  • 弊社スタッフの迅速で柔軟な対応によりストレスなく研修ができる
  • TOEICのスピーキングテストへつなげることもできる

500点獲得!研修のポイントチェック

短期間で攻めているか?
英語力アップが目的であれば中長期的に、TOEIC対策は短期的に行うのが理想です。
ビジネスシーンで要求される(スピーキングやライティングも含めた)総合的な英語力は短期間で飛躍しにくいもの。日本語に囲まれた生活環境であれば尚更時間がかかります。一方、ライティングとリーディングのみ試されるTOEICテストは要点を抑え、情報処理能力を高めることで、半年〜1年以内に、短期間に集中して勉強する方がスコアを上げることができます。会社として取り組む場合は、コストのかかる長期的取り組みよりも、短期的に取り組んだ方がより良い費用対効果を得られるでしょう。
無駄のない効率的な方法をとっているか?
傾向に合った対策を教えているか?
情報処理能力を高めているか?

その先の実践を見据えて研修を選ぶ企業が増えています。

TOEIC®の運営団体である国際ビジネスコミュニケーション協会によると、2011年時点におけるIPテストの平均スコアは463点。ボリュームとして多いのは300点前後から450点前後となっています。そんなデータからも、まずは500点代を目指すビジネスパーソンが多いことがわかります。

普通のビジネスパーソンが業務の合間を縫って学習し、順調にスコアを上げるためには、効果的な学習法や効率的な問題の解き方を知ることが重要です。限りある時間を有効に使うためにも、単なるテクニックではなく、その先の実践を見据えたTOEIC®研修プログラムを積極的に選ぶ企業が増えています。

お問合せはこちら

失敗しない英語研修をお探しの皆さま、お気軽にお問合せください。

現在、ご満足頂いている多くのお客様が、比較検討のため最初のお問い合わせをされています。

お問合せはこちら