簡単で、ハイレベルな英語を目指す

山田 暢彦氏プロフィール
アメリカで生まれ育ち、大学入学時に帰国。 慶應義塾大学在学中に英会話を教え始めるが、「難関受験を突破した人でもカタコト」という 日本の現実に大きなショックを受け、以後、英語教育に目覚めていく。すべての英語の基礎である「中学英語」に着目し、誰でも「簡単で ハイレベル」の英語が話せる独自メソッドを開発。世界に通用する日本人バイリンガルを一人でも多く育てることをミッションとする。メガヒットの『中1英語をひとつひとつわかりやすく』(学研)に加え、『絵で見てパッと言う英会話トレーニング』(学研)や『大切なこ とはすべて中学英語が教えてくれる~英会話編~』(Jリサーチ) など、著監修書は多数。複数の出版社にて、英和辞典・和英辞典の編集委員も務める。わかりやすくて実践的な指導が、全国の 学習者および指導者から厚い支持を得ている。

関口:日本人ビジネスマンが目指すべき英語とは?

山田氏:やさしいことを高いレベルでできるといいですね。範囲は中学で習う程度で構いません。その範囲をしっかり使いこなすことが大切です。中学英語が身につけば、日常コミュニケーションは十分です。

すでに学んだ内容を、「わかる」から「できる」に変えていきましょう。

多くの人が陥るのは「難しいことを低いレベルで」という罠です。難しい単語を覚えようとしたり、難しい文章を読解しようとしたり。内容が難しいからこそ、できるレベルに到達できずにモヤモヤ状態が続いています。「わかる」を増やすことも必要ですが、「できる」に変えるトレーニングも重要です。

コミュニケーションは中学英語で十分ですから、中学英語の範囲が一通りわかったと思ったら、範囲はそのままで一歩先へ進みましょう。例えば、前置詞の精度を高めたり、使い分けにトライしたり、giveのように目的語を2つ取る動詞を増やしたり、それをパッと言えるようにしてみたり。

枠組みは中学英語で十分です。その範囲の英語を使いこなし、精度を高め、レベルを上げる。エッセイのような枠組みを意識して説得力あるスピーチを目指すこともいいですね。「ハイレベルな中学英語」を目指しましょう。

企業の研修担当の悩みで多いのは、「苦手意識」を持っている社員に対する対処法です。ヒントはありますか?

苦手意識は「わかる」と「できる」のギャップから生まれます。

多くのビジネスマンは「わかる」は強くても、「できる」が弱い人が本当に多い。基本的な単語や文法を知っているので、ある程度の文章は読めるのですが、自分からは話せません。「わかる」のに「できない」。これが苦手意識につながります。

受験英語は「わかる」状態になれます。しかし、「わかる」だけでは自信を持てません。自分の英語に自信が持てるようになるのは、「できる」が増えたときです。

「できる」を増やす方法は、英語を口に出すこと。とにかく、英語を使ってみることです。
頭で理解するだけでなく、身体を使って表現する。英語を話す練習によって、ひとつひとつ「できる」が増えます。「わかる」と「できる」のギャップが埋まり、バランスが保たれます。すると、読める、聴ける、話せる、書ける・・・次第に「使える」ようになっていき、結果、苦手意識も薄らぎます。

そして、楽しくなる。

口に出して発音するうちに、苦手意識は薄れ、楽しくなってくるものです。英語圏に行って英語を話してみたい。そんな根本的な意識の変化も生まれます。

ビジネス英語の学び方について、企業研修での実施を含め、成果につながるアプローチを教えてください。

山田氏:ビジネス英語を学ぼうと単語を増やし、文法をやり、テスト問題を解き・・確かに、「わかる」と安心します。単語の意味がわかったり、文章構造がわかったり、選ぶ品詞がわかったり。でも自信にはなりません。「わかる」にこだわることは、落とし穴。

ビジネスマンなら「できる」にこだわるべきです。

ビジネスマンとして英語を学ぶなら、たとえば、
名刺交換ができる。
自己紹介ができる。
事業案内ができる。
商品案内ができる、など。

わかる、うんぬんではなく、できるにこだわり勉強すれば自信がつき、今度こそ本当に、英語が「できる」人になれます。

上記のような場面はいくらでもあります。自分に必要な場面をみつけ、ひとつずつ増やし、広げましょう。

文法や語彙の知識は掴みどころのないものです。「わかったところで何?」ということもありますよね。だからこそ、場面ベースで考えるのです。流暢ではないけれど、「これはできるよ」「これもできるよ」といったふうに、確かな力、できる英語力を身につけましょう。

単語・文法よりも、英語を使いたい場面が先、ということですね?

そうです。自分がやりたいこと、その場面が先にあって、できるようにするために、必要な単語、表現、発音などを身につける。そんなアプローチが有効です。ビジネス英語を学ぶなら、もっと場面や状況に落とし込むことがポイントです。単語、文法、フレーズ、発音・・・すべてはその場面をこなすために必要なパーツ、と捉えます。英語はコミュニケーションの道具と言われますが、このアプローチをすると、まさにその感覚になれるのです。

英語をプレゼンで使いたい・・・
自社の商品サービスを案内したい・・・
「~したい」という願望を叶える道具=英語なんです。

プレゼン、商品サービス紹介・・話したいことをリストアップして、それに必要な英語を身につけていきます。

予想される質問も書き出します。
答えもひとつずつ書き出します。
先生にチェックしてもらえば良いわけです。

このように、まずは「~したい」から。英語を使いたい場面を見つけ、ラインナップします。ひとつずつ「できる」に変えていく。CanDoにこだわるわけです。この場面とこの場面はこなすことができる、という感じです。すると苦手意識も少なくなり、実践的なビジネス英語が身につくわけです。

テストはできても話せない人が大勢います。企業の研修担当者も「スピーキング」に課題を持っています。スピーキング力を効果的に高めるにはどうしたら良いでしょうか。

問題は読解中心の受験英語です。ほとんどの人は難解な英文を読むための勉強をしてきました。難しいので小技(テクニック)を身につけます。関係代名詞節をカッコで囲むなど、テストのための英語です。それが目的だったので、そうならざるを得ませんでした。

しかし、普段の生活では難しい英文を読みません。

実際は話す場面も多いので4技能が必要です。4技能ができて実用的な英語なのですが、これまでの英語教育は偏っていました。ネイティブの私からみても難しい。

ネイティブの山田先生からみても難しいですか?

はい。これを読めるようになるには、たしかに、こういう授業になるしかない。ほんとはスピーキングもやりたい、他にもやりたい・・・しかし、この難解な英文を読むには、どうしてもこの授業になってしまう。偏ってしまう。そんなジレンマがあるわけです。バランスが悪いのです。

あくまで場面が先にあり、それをできるようにするために、単語・文法がある。できる場面を増やすなかで、中学の文法1年~3年分はおさらいできます。

文法よりも、場面先行。それを忘れないでください。

多忙なビジネスマンは、研修にしてもeラーニングにしても出席率、修了率が課題となります。モチベーション維持を含め、継続するためのポイントはどこでしょうか。

「できる」を増やしながら、定期的にチェックを受けると良いでしょう。

自分なりに課題意識を持って取り組み、チェックしてもらい、フィードバックをもらう。改めて課題が明確になり、それを克服し、再チェックしてもらう。定期的にチェックしてもらうことはモチベーションになるので、継続の枠組みとして効果的です。

もちろん、場面ベースで「できる」を増やしていく。会社の説明ができるようになる、など、具体的な場面に落とし込みます。そして練習を重ね、先生にチェックしてもらう。採点みたいなことがあれば、ドキっとするし、気も引き締まります。試験があるとないのでは、取り組み方も変わりますよね。

試験に臨むまでの練習は日本人同士でもOKです。練習の絶対量をキープすることが大切です。

練習の際のポイントは「相手」がいること。これまでの英語学習には「相手」という概念が抜け落ちていました。相手の目を見て・・とか。大きな声で・とか。

相手は日本人で構いません。

生身の人間を前にして練習することが大切です。そして、その場面をこなせるようにする。「できる」をひとつ増やそうとすればいいのです。すると、文法、語彙、云々、という意識は消えていきます。もちろん、文法、語彙あってこそですが、もっと「総合的な観点」から、バランス良い英語と向き合えます。

やる気が起きないときには、ネガティブ・モチベーションも有効です。

「なりたい自分」ではなくて、「なりたくない自分」を想像するんです。「これだけは避けたい!」という状況をできるだけリアルにイメージして、そのときの悔しさや苦しさを擬似的に味わってみる。それを避けたい、という気持ちが生まれるでしょうから、その気持ちを原動力にして行動を促すんです。

こういったネガティブ・モチベーションでエンジンがかかり、勢いがついたら、今度はポジティブ・モチベーションに切り替えて「なりたい自分」「叶えたい夢」などを目指して突っ走るといいですね。

ビジネスマンおよび企業において、TOEICの活用方法についてはいかがでしょうか。

TOEICは現状、リスニング(聞く)とリーディング(読む)だけでバランスが良くありません。やらないよりは良いですが、スコア900以上持っていても、話せずにコンプレックスを抱える人もいます。

TOEICスピーキングテストの同時利用をお薦めします。

TOEICスピーキングテストでは、例えば・・・
こんな問題が起きました。これを解決するためにはどうするべきかや、この写真の内容を描写しなさい。など、

明確に「課題」が提示され、
場面も「具体的」なんですね。
できる、を増やす学習として適しています。

とはいえ、まずは通常のTOEICにて500点~600点まで取って、最低限の読解力やリスニング力をつけるのは良いですね。初級者がいきなりTOEICスピーキングテストを受験しても、よくわからず終わってしまいます。通常のTOEICで500~600点を取り、それからTOEICスピーキングテスト、という方向が良いでしょう。

ただし、英語を話すというアウトプットは、はじめからどんな形でもやる必要があります。名刺交換はできる、とか、会社説明はできる、などをリストアップして練習していくのは、非常に大事、欠かせません。TOEICはひとつのチェック機能、物差しとして利用するのが良いでしょう。TOEICスピーキングテストはごまかせません。定期的に受けることをお薦めします。

企業向けのビジネス英語研修にも活用できるヒントがたくさんありました。貴重なお話、ありがとうございました。